Cult99’s diary

Cult Racing log book

マルちゃん 焼きそばBAGOOOON しっかり辛口

f:id:Cult99:20180814135103j:image東北限定。
友人がSUGOの走行会に参加しているとのことで、想いを馳せました。
辛口なのは偶然です。

 

で、こちら、やき弁同様スープ付きなのですが・・・。

 

f:id:Cult99:20180814135106j:image

 おや?
制作必要湯量に、スープが別途記してあります。
湯切りした廃油、もとい、廃湯で制作するのがオフィシャルじゃなかったのか?

 

f:id:Cult99:20180814135115j:image

重ね重ねの注記。廃湯ではなく、「熱湯」とあります。

 

ちょっとした衝撃が走りました。

やき弁で育ったこの40有余年、ずっと勘違いしてきたということか?

 

次回、ストックのやき弁を確認します。

トリセツを見たくない気持ちもあります。
ですが、男には自らの非に向きあわねばならない時が来るものです。 

じゃなきゃ、AKBの一味って言われちゃう。

動揺して、つい廃湯を全て捨ててしまいました。
よって、追加熱湯沸かし直しです。

 

f:id:Cult99:20180814135118j:image

わかめスープのほうが、やき弁の中華スープより美味い。とする説もあります。
確かに、単品ではその評価も理解します。

しかしながら、焼きそばとのマリアージュを考えると、食後の飲後感の全てを、ワカメが覆いつくしてしまいます。
あれ?今オレ、スーパーカップのワカメラーメン食べたっけ?

そんな錯覚に襲われるのです。

よって、やき弁の、化調風月、インスタントの趣に溢れた中華スープの方が、マリアージュしている。そう言えるのではないでしょうか。

 

あ、本体の方は、甘めのバゴーンに適度なスパイスが効いて、寧ろ好みかもしれません。頭皮から汗が出るほどの辛みもありません。

タイトルには「しっかり」とありますが、辛味属性には、少し物足りないかもしれません。

まあ、結局ワカメにやられるからどっちでもいいけどね。