Cult99’s diary

Cult Racing log book

TFD初詣

まさかの年内で作業完了と連絡を受けてまして。

「早めの引き揚げを」

 

とのことでしたので、年明け早々に引き取ってきました。

 

f:id:Cult99:20170109082305j:image

 珍しい冬の薔薇がお出迎え。

明けましておめでとうございます。

 

作業の懸案は重いスロットルでした。

Daytona製スロットルを棄て、コルサの純正になりました。

ワイヤーの取り回しや精度の問題でしょうか。色々試して最適とのこと。

ワークスもそのまま使っていたパーツでもあり、信頼性も折り紙つきと。

 

その上、2つあるリターンスプリングを一つ外しました。

普通ここまでやらない、とのことです。

私が欲するハイスロとHYM純正のスロットルbodyの相性のせいで、苦労します。

 

バネ外しによるリスクは十分な説明を受けましたが、自己責任で、覚悟の上です。

まあ、大丈夫でしょう。

KTM程ではありませんが、ずいぶん軽くなりました。

これで指2本で開けられるでしょう。

 

あとは、ヤフオク!モノの前後サスOH。

シール類など消耗品とオイル交換。

油面やバネレートの確認もかねて。

初期セットを出すためです。

 

油面は随分低かったようです。

115mmくらい。

純正は85mmでしたか?

入りすぎる印象はコレが原因だったのかも。

間を採って100mmにしてくださいました。

 

バネレートは謎でした。

ラボカロにはバネレート測るマシン無いのかな?

恐らく9.5だろう、と信じて取り敢えずこの先に進みます。

オイルも社外品のようだったとのことで、純正になりました。

 

リアは特に問題なく、但し此方もオイルが変更されていたようでしたので、TFDオススメのものになりました。

 


f:id:Cult99:20170109082226j:image

振り返るとバイクが居る車内は、妙に落ち着きます…。

 

あとは、リアタイヤを純正サイズの180/55に変更すれば、

いよいよセッティング地獄の始まり…。

 

あ。

 

スプロケヤフオクで買ったSTMのカセットタイプに替えました。

ついてきたドリブンの丁数では、かなりlongになる筈。

一速変わるかも。

2速でショート、3速でロングに感じたインフィールドは2速固定になるかも。

なら良いのですが。

 

2-3-4速遣いかな。裏ストレート~メインストレートが4速固定に成れば良いな。

 

ま、これもコレから試していきます。折角カセットタイプにしたのですから、ファイナルも何枚か揃えられます。

 サスよりもファイナルが先かな。

 

スキーシーズン真っ只中ですが、ちょいちょい走りにいきましょう!