Cult99’s diary

Cult Racing log book

【番外編】マルちゃん名古屋ご当地の味 やみつき屋 台湾まぜそば


f:id:Cult99:20151210011630j:image
やきそばではない。まぜそば

台湾なのに名古屋ご当地の味とは是如何に?


f:id:Cult99:20151210011640j:image
袋は3つ。作り込みの程が窺われる。


f:id:Cult99:20151210011656j:image
液体スープを麺に絡めた後、粉末とレトルトを投入。魚粉の香りが漂う。


f:id:Cult99:20151210011707j:image
まぜまぜ。

うーん。
ピリ辛の具合も太麺の食感も悪くないのだが、
何か物足りない。
レトルト具材系に有りがちな傾向。
レトルトパックがもうひとつあれば、満足感が得られる気もする。

それ自体は旨いのだが、コストなのか生産工程の制限なのか、麺に対して如何せん量が足りない。

全体の印象を牽引するには今一つパンチに欠けるのだ。

あと載せで白髪葱やメンマを加えれば、かなり本格的なメニューに昇華するのではないか。

ホンモノの「台湾まぜそば」ってものを知らずに言うのもどうか?って話もあるのだが。