Cult99’s diary

Cult Racing log book

1:FSWラストラン 4/16

富士は何年ぶりだろう?

と思って調べたら、去年の5月に走ってましたw

 

cult-racing.hatenablog.com2018年はこの一日だけ。

S1000RR最後のFSWでした。

 

その前は。。。?

 

cult-racing.hatenablog.com

一昨年の11月にちょこっと。

2017年はMAX10に出たから、何度か走りましたね。

すっかり忘れてました。

 

という訳で、約一年ぶりになります。FSWに行ってきました。

今年、最初で最後の。

来週、ライセンスが失効します。

更新しません。

 

昨年のS1000RR売却宣言でも書きましたが、モチベーションとコストの問題。

それに加え、今後は仕事の都合で平日休みが取れなくなりそうなので、走行日数が更に限られてきそうなのです。

なので、ライセンス継続は今年限りとすることに決めました。

 

前夜荷物を積み込みましたが、バイクに乗るの自体去年9月のレース以来。

丁度半年ぶりです。緊張しますね。

きっと忘れ物もあるでしょうね。


f:id:Cult99:20190416161444j:image

見事に晴れてくれました。

f:id:Cult99:20190416161637j:image
FSW専用機のS1000RRはもうありません。

盆栽専用機のF4をシェイクダウン

 

ボクのFSW通いはF4で始まり、F4で終わるのです。


f:id:Cult99:20190416161522j:image
忘れ物①

デジイチを忘れました。

痛恨の極み。

 思い出写真を撮りまくろうと思ってたのに。

 

ゲートオープンから走行開始まで1時間50分。

その間にやること盛りだくさんなので、写真撮ってる暇もないのですが。


f:id:Cult99:20190416161702j:image

先ずはオイル交換。

と思いつつ。オイルチェック窓から覗いても、汚れてなさそう?

確か、新油にして筑波2回走っただけだし、今日は換えなくてもいいか?

…生来の貧乏性が囁きましたが、、それって一昨年じゃん。

 

抜いてみるとギラギラ。予想外に汚れてました。

あぶないあぶない。交換。


f:id:Cult99:20190416161720j:image

リアホイルナットのチェック。

 

cult-racing.hatenablog.com

黒のマーキングが締まり過ぎてたポイント。

3センチってのは大袈裟でしたね。1センチくらいです。

適正トルクの現在位置をピンクでマーク。


f:id:Cult99:20190416161808j:image

バッテリー追充電して暖気しようとリアブレーキを踏んでみると、

スカッ。

 

リアブレーキレバーがだらしなく下がってしまいました。

 

見てみると、マスターを固定しているボルトが無くなってます。

なんだそりゃ。


f:id:Cult99:20190416161851j:image

 ブレーキを踏むと、このようにマスターごと下がってしまいます。

 

自宅でタイヤ外そうとしてブレーキ踏んだ時はちゃんと踏めてたのに。

タイヤを交換したショップに問い合わせましたが、どうも最初から抜けてたような事を仰ってました。

・・・。

その時言ってくれればいいのに。

抜けたのであろうボルトは、アンダーカウルにもありません。

ショップから引き揚げたあと、車両は一度も下ろしてないのですが、トランポ内にもない。

当然自宅にもありませんでした。じゃあ、八王子かな?

 

たまたま合いそうなボルトが工具箱に転がってたので難を逃れました。

今日走れないなんて事になっていたら、ちょっとどうなっていたかわかりません。


f:id:Cult99:20190416161852j:image

ロガーメータのGPSアンテナが逝かれてるのでiphoneを貼り付けます。

走行中は見えません。

今日はそういうのじゃないので。

でも、一応、最後の走りとして記録は採っておきたいじゃないですか。

 

一本目、バタバタしましたが何とか間に合いました。

チェーンへの注油もしましたよ。

これだけのタスクこなすなんて、久しぶりなのに我ながら大したもんだ。

慣らし用に緑のビブス借りて、慎重に走行開始。

 

走行台数は11台とのこと。周囲に気を付けながら走ります。

フロントブレーキのエア噛みが最大の不安要素でしたが…問題ないです。

エンジンは…壊れるんじゃないかというくらいガサツです。S1000RRに比べると。

メカノイズも振動も凄い。

ストレートは右端を走行しましたが、壊れたのかと思い一瞬スローダウンしました。

でも、アグスタのエンジンは、こんなもんでした。

手組のS1000エンジン。凄かったんだなあ。

 

ガスを7リッター消化して、走行終了。

ニッコニコです。満足。


f:id:Cult99:20190416161928j:image

リア右側。あまりング。


f:id:Cult99:20190416161920j:image

左はもっと。

 

フロントはもっともっと、余ってました。

内圧間違えて1.7位でスタートしてたのにw

 

タンク貼り付けi-phoneによる参考タイム。

 

f:id:Cult99:20190417014855p:image

リストの20~24ですね。

5周しかしてませんが、R枠の目安タイムも出ているので、良いでしょう。

最後は2分切れました。

 

因みに2018/8/18の走行とは、こちらですね。

 

cult-racing.hatenablog.com

真面目に練習してたなあw

 

2本目どうしようか考えました。無事愉しくシェイクダウン出来たところで、打ち止めとすべきか。

いやいや、行くでしょう。

 

忘れ物②

Fタイヤの内圧足そうと思ったら空気入れが無い。

Sさんにお借りしました。

そう、Sさんとは、昨年5月のブログにも登場したSさん。

今日もBパドで隣りに店開きしていたのです。

持つべきは常連さん。

 

2本目は少しペースを上げていきます。

ガサツエンジンは相変わらず怖いので、ストレートではクラッチレバーから指が離せません。

レブリミット手前でシフトアップしますが、最後は6速レブ当たりそうになってしまいます。

なので、手前で少し緩めます。

 

そうこうしてると、前方にSさんのS1000RRと、それに絡むデイトナ675Rかな?が見えました。

無理しない程度で追いかけてみると、追いつけました。

DLシケインで追いつき、ネッツでデイトナをパス。

 

ネッツのベストラインは最後まで分かりませんでしたが、皆さんバラバラだから間隔をあけてパッシング出来るポイントでもあります。

 

Sさん(12年式S1000RR)とストレート勝負!

離されますw

ボクもS1000の時は、こちらに分がありました。

じわじわ詰めることが出来た。

F4だと、じわじわ離されていきます。やはりBMWのエンジン速いです。

ていうか、F4は壊れそうで怖いw

 

でも1コーナ、で詰めて、コカ・コーラでパス出来ました。

その後ペースを上げて、走りきれたところで走行を中断しました。

 

車両は問題なく、久しぶりと思えない安心感。

安定感というか重量感というか、ビシーッとした乗り味で、どんどんペースが上がります。

ですが、競り合いまでしだすと、気持ちよくても何があるかわかりません。

今日だけは、ノーリスクで終えたい。

なので勝ち逃げしました。

 

そうそう。

サスの慣らしも兼ねてました。FサスのOH、リアは新品。

なので、セットは適当。

前後全抜きから入って途中セット替えってことも試したかったのですが、

そーゆーのは筑波でやればいいや、と割り切り、前後減衰とも調整域の半分を目安にセットしましたwww

そんなでしたが、いい感じでした。

あと、路面改修がされており、1コーナの盛大なギャップが無くなってた。

これで1秒はタイム上がるんじゃないか?

 

f:id:Cult99:20190417021357p:image

 こんなでした。

LISTの25~30です。抜いた後の最終周は51秒台に入りました。

多分、51秒台はMVのベストリザルトです。

あっさりと。

 

バイク自体半年ぶり。

車両はシェイクダウン

タイヤは新品ですが、その他は吊るしです。

バイクなりの走りで、コーナーではツーテンポ遅めのアクセルオープンを心掛け、ストレートではエンジンをいたわり、

で、このタイム。

F4のポテンシャル、凄くないですか?

90年代半ば、平成初期のバイクですよ?

 

40秒台にも入れられそうですが、カーボン外装が削れる絵柄が頭をよぎってリミッターが作動してしまうのが難と言えば難ですけど。

 

f:id:Cult99:20190416162056j:image

残スト。こんなものなのかな?イニシャル全抜きでよいかも。

もっとピッチングを出したいです。筑波で遊びましょう。


f:id:Cult99:20190416162109j:image

ウオポンは完治しました。

水温も走行中は80度台。完璧です。

ですが、ピットに戻ってエンジン切ってるとお漏らし始めました。 


f:id:Cult99:20190416162116j:image

見ると、リザーバーのホースから吹き戻してました。

精製水とレース用フルードの混合に替えてますが、要キャッチタンクですね。


f:id:Cult99:20190416162547j:image

Bパドの風景も見納め。

感慨深いです。

初めて走ってから、なんだかんだ15年ちかく経ちました。

 

やはり、ストレートは格別です。

こんなサーキットは他にありません。

真夏でも高原の気候が幸いし、風が吹けば涼やかです。

(山の天気ともいうがw)

ここで知り合ったフジッコ達には、未だに友人関係が続いている方も居ます。

これからはイベントや走行会で遊びに来る程度かもしれませんが、ボクのバイク遊びの原点は、間違いなくF4と、富士スピードウエイ。


f:id:Cult99:20190416162519j:image

広大で綺麗に整備された日本一の高速(セレブ)サーキット。

本当に色々ありましたが、心はいつまでもフジッコなのです。 


本日の〇と×

 

パーフェクトデイ。

 

×

ナシ。

と言いたいけどミッシングリアブレーキボルト。

 

忘れ物③

ヘルメットリムーバと、マメ防止のサポータ。

これ、レースでも忘れたことがあるくらいの常習性w