Cult99’s diary

Cult Racing log book

ぺヤング やきそば 海老やきそば

f:id:Cult99:20181205001457j:image

シンプルイズベスト。素晴らしいジャケットデザインです。

海老4匹、のみ。

このデザインにすら、「イメージです」とディスクレームを入れなきゃならないこんな世の中は。


f:id:Cult99:20181205001450j:image

美しいメタリック外装。
この色は、アルファロメオの「コンペティションレッド」です。

これぞ海老足。

言ってみただけです。

 


f:id:Cult99:20181205001500j:image

お湯入れ前。

乾燥海老多数。

この時点で旨そうな磯のエキスが薫ります。

絶対旨いやつだと確信。

 

野菜は。。。人参?なんで?

 


f:id:Cult99:20181205001505j:image

肝心の海老色が麺+ソースと同化してしまい、映えません。遺憾です。
そのために、人参で刺し色を加えたのか?

 

でも、人参の甘苦いアクセントは海老と合わないぞ?

ソース自体も、あれ?って感じでした。

予想した味とは少し違い、もっと海老味、というか。

海老味といえば、どうしても「かっぱえびせん」や名古屋の「えびせん」を脳下垂体や舌がイメージして待ち構えます。

なのに肩透かしというか舌透かしというか、少々異なりました。

 

もっと、どっしりしているというか、

なんでしょう。海老のすり身だけでなく、ミソまでもすり潰してブイヨンにした、ような。

止められない止まらない!

の、子供向け鉄板海老味とは、少し趣を変えてきましたね。まるか。

最近、彼らには余裕と自信を感じます。

 

工場見学とかやってないのかな?

一度、表敬訪問したいですね。筑波のついでにでも。

 


f:id:Cult99:20181205001509j:image

芋のほうが合うのかもしれませんが、

今週末、十勝のレーサーが聖地鈴鹿のレースに遠征するもので。

負けない男の麦焼酎を、呑んで応援。です。