Cult99’s diary

Cult Racing log book

KTM定期メンテ内容

450の稼働時間はそろそろ30時間になります。

メーカー規定より諸々早めにチェックしてますが、

念のためマニュアルを確認しましょう。

 

推奨チェック項目

・診断機にかけてエラーチェック

・バッテリー残量

・前後ブレーキパッド

ブレーキローターとブレーキラインのリーク

ブレーキフルードレベル

・前後ブレーキ遊び量

・フレーム、スイングアーム

・リアサスリンク

・リアサスOH

・Conduct minor fork service

・Conduct major fork service

・タイヤチェック

・ホイールベアリング、ハブ

・リム、スポークテンション

スプロケ、チェーン、ガード類

・全稼働パーツグリスアップ

・油圧クラッチフルード

・ステアリングヘッドベアリング

・バルブクリアランス(20時間で実施済み)

・オイル交換、フィルター交換

・ホース類、ケーブル類

クーラント

・エアフィルター、ボックス清掃

サイレンサーグラスウール交換(20時間)

・ボルトナット

・ガソリンフィルター

・ガソリン圧力

・アイドリング

・試乗+試乗後の診断機チェック

・ディーラーネットでの整備記録登録

以上です。

10時間毎のメニューが殆どですが、

スイングアームベアリングは20時間。

バルタイとフォークOHは30時間。

グラスウールは20時間。

其々のスケジュールになってます。

クラッチのチェックは20時間毎。

前回見てるので今回は不要かな。

これで行くと、今回必要なのは、

・診断機にかけてエラーチェック

・全稼働パーツグリスアップ

・油圧クラッチフルード

サイレンサーグラスウール交換

・リアサスOH、リンクチェック

これに加え、念のためバルタイとクラッチチェック

でしょうか。

7月のTT前、どのタイミングでやるかですね。やるって言うか、やって貰うのですけど。

リアサスOHついでに、バネ換えたいですね。

診断機はディーラーに行かないとダメですね。

さてどうしましょう。