Cult99’s diary

Cult Racing log book

ホイル問題

です。

お金ないので諸事情あって、カーボンホイルを一旦そのまま使ってみることにしました。
一方、新品のママ取ってあったノーマルのスポークホイルも活用することにします。
チューブ仕様なので、チューブレス化します。現地での組み替えも想定し。

キットは幾つかのメーカーが出してますが、ここは信頼のOUTEX製を、、

www2s.biglobe.ne.jp

チョイス。

施工してくれる店を代理店のリストでみると、近所の桜井Hondaがありました。
早速問い合わせると、

「ア・・・なんですか?アペックス?」
という状態。

スペルや商品名など概要を伝えると、確認して折り返すとのこと。
その後取り扱いありとの朗報。

 

「車種はなんですか?」

KTMですーホイル単体で持って行きまーす。

「ウチはホンダ車だけです」

・・・orz。

しばらく、メーカー直下の巨大専売ディーラー様などと係ることが無かったから、
うっかりしてました。

お、リストを再見すると、、馴染みのあの!地獄のチューニングショップがあるじゃないか!

よかった!よかった!

 

で、安心して中シャチさんちに発注すると、在庫切れで4/11頃納期とのこと。

本番には間に合うけど、練習で試すことは出来ません。

 

と言う訳で、BSTに再度出張ってもらう事になりました。



これまで、ノーマルホイルは新品のママ取っておこう。いつか売るかもしれないし。
と、熟考に熟考を重ねてケチってきましたが。

ノーマルホイルをレイン用に組んでおくのは、本来あるべき姿でしょう。

この機会に泣く泣くダブルスタンバイで行く事にします。

 

ついでに、ノーマルのスポークホイルとBSTホイルの重量を計っておきましょう。


f:id:Cult99:20180327125711j:image

 BST。
スプロケ40T。ブレーキディスク有。

 

f:id:Cult99:20180327125715j:image

ノーマル。
スプロケ45Tだったかな?
ブレーキディスク無

ブレーキ分差っ引くと、ほぼ同重量か、ノーマルの方が軽いくらいだ!

ジャイロ効果の差異まではわかりませんが、もしかするとアルミリムの方が軽いかも?
剛性による違い以外、慣性重量によるビハインドは無さそうです。

寧ろ、スポークの張り方、ブースター有無などで剛性を好みに仕立てられるチューニングパーツなのかもしれない。


勿論ボクには出来ないけどね。

これはこれでちょっと楽しみかもしれません。
あとは、忘れずにノーマルホイルのチェーンラインを合わせておかねば。。。