Cult99’s diary

Cult Racing log book

15:MCFAJ MAX10 FSW 6/18

更新滞りすみません。

散々独りで遊んだので家族旅行業務に従事してましたw

 

 さて。レースレポです。

前日の筑波でレースを終えたその足で、JAMさんに寄って車両を入れ替えました。

レース直前でしたが、無理を言って頻発している失火現象のチェックをお願いしていました。

cult-racing.hatenablog.com

①「クランクシャフトセンサー」の誤作動

②サブコンのセンサー信号読み取り(エアギャップ感度)の設定

ECUカプラの差し込み不良

 

これら仮説の検証です。

 

事前の会話での見立ては、サブコンのハーネスなどの物理的不具合ではなく、センサー系のトラブルではないか。とのこと。

③で無いことは確認済み。

 

てことは、①クランクシャフトセンサーの問題か、②信号を拾うサブコン側のセンシビリティー設定の問題。


シャシダイでの確認では、症状を再現できず。。

これにより、設定ではなく、①センサー側の問題である疑いが濃厚となりました。

といっても、今更どうこうできるものではありません。

 

予選で危険と感じたらサブコンを殺せるよう、ダミープラグを借りましたが、コレでは使う意味はなさそうです。

走ってみて、どの程度症状が出るか。ヤバければDSですね。


f:id:Cult99:20170622110819j:image

遠景にFSWのグランドスタンド。見えますか?

まさか2日間とも晴れるとは!

晴れ男力が戻ってきたようです。

 

FSWのレース。車検などのタイスケは遅めだし、筑波と異なりピットが使え、車両も近くに停められます。
なので、ちょっと疲れてますが大井松田で降りて下道を。高速代1000円くらい節約。

 

今日もサポートメンバーが何人も来てくれました。追加サプライズで二人もw

連日のレースなのに、ほんと有難いです。

でも来るなら事前に教えてよww

 

f:id:Cult99:20170622110305j:image

予選。

サイレンサーエンドのアルミテープ、分かりますか?

以前の転倒で亀裂が入り、そこから千切れて穴が開いていた件。

 

cult-racing.hatenablog.com

応急処置、ダメでした。
シャシダイで回しただけで、テープが焼けて穴がぽかりん。。

 

予選前に、再び修理(て云うかワリヤリングとテープ積層)しました。

 


f:id:Cult99:20170622110101j:image

ヘアピン手前でクルーが撮ってくれました。

ココとコカコーラが脚だしポイント。

1コーナーでも出るようになってきました。効果は、、色々良い気がしています。

 

予選参考タイム。

 

f:id:Cult99:20170704200634j:image

…。

 

続いてライミ。

 
f:id:Cult99:20170622110134j:image

 エントラント20名中参加者5名。。

1人も参加していないチームもありましたが、ここではクドクド書きませんね。

 

あ、予選は一応ポールです。

 公式タイムは1'48.957。 48秒に入ったことを確認して止めてました。

平凡、、ですが、然程無理なく出せました。調子は良かったです。

 

でも、昨日もそうでしたが、予選で自己ベスト狙うくらい頑張らないと、ダメです。

予選でコケたら台無しなので、どうしても守りに入ってしまうのですが、折角のフレッシュタイヤなのですし。

 

MCでは必ず決勝までに路面は汚れますしね。自己ベストが目的だったのにね。

 

決勝は4時間後。。

様々なクラスに細分化されているので、時間が空いてしまいます。
併催のMAX10は全クラス混走なのですが。

遅い車両とは一周30秒くらいのタイム差ですので、かなりスリリング。でも、仕方ないです。

 

予選では、サイレンサーにダメージが。。

排圧でテープを剥がしてしまう。

 

この時間を利用して、三度目の修理。

写真が無いのですが、チタンの代わりにアルミ板を切り出し、テープで塞ぎました。

 

素材は自販で入手。

BOSSブラックのショート缶が丁度良かった。ハサミで切れるしw

ワイヤリングは機能しているので、決勝は大丈夫でしょう。


f:id:Cult99:20170622110253j:image

 本来のグリッド上はオイル処理の石灰が。

前のクラスで、長いストレート上、目いっぱいにオイルを撒いた車両が有りました。

 

f:id:Cult99:20170704153456p:plain

最終立ち上がりからずーっと。

 

f:id:Cult99:20170704153316p:plain

 なので、イン側にオフセットされた場所がグリッドになります。。

 

決勝は、救急車が同時に2台入る荒れたものとなり、赤旗中断。

6周に減算されての再レースとなりました。

 

レポートはまたもfbからコピペ改竄・・・。

ーーー

本日のFSWスーパーMAX結果速報。
予選はバッファをとりつつの48秒台でポール。


予選が練習のモトストレッタのiさんは決勝で絶対来る。
でも、ボクも調子はかなり良い。マシンの失火も一度出ただけ。


自己ベスト、46秒目指しての決勝。
ところが、グリッドに並ぶとポツポツと…雨。((((;゚Д゚)))))))
たった8周のスプリント。路面はもつだろうと思い込むようにしましたが、やはりリミッターが効いてしまいます。


なんとか一周はiさんを抑えましたが2周目に入ったところで黄旗。
Aコーナーで転倒車両。
救急車とライダーと担架がランオフに。


此処で飛び出したら((((;゚Д゚)))))))
ペースダウンしますがコース上を車両が滑走した跡を跨ぐとリアがズルッ!((((;゚Д゚)))))))


ヒーッ!とビビりながらも先に行く。
こうなると予選のグリップ感はどのコーナーでも感じられません。


次の周ではダンロップシケインで実際に多重クラッシュ((((;゚Д゚)))))))
別々のコーナーで救急車と担架が同時に二台((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))
流石に赤旗


ヤバい。ガスが保たない。
サインマンにガソリンイーレーテー!とアピールしてストレートを通過します。
一周してピットへ…。


へ?
違う!
そのままグリッドへ誘導された!


ヤバい。ホントに最後まで走れないかも。
ピットインさせてくれず、周回数減算で6周のレースとして仕切り直しになってしまった。


クルーはガソリンには気付いてなかった。
グリッド上だとどうしょうもない。((((;゚Д゚)))))))
サイティングラップは極力アクセルを開けず、エコラン。

からの、再スタート。


もう、ダメダメです。iさんがずーっと背後に貼り付いてる。
このままブロックラインで凌ぎきろう。姿の見えない後ろのライダーと駆け引き。


そして最終ラップの登り区間
ボボッ…
ガスケツキターッ!((((;゚Д゚)))))))
ガクガクしながら漸く最終コーナー。


ヨシ!あと少しッ!
て、ところで…リバースギヤに入りました。((((;゚Д゚)))))))


車体起して残ガスが復活しましたがその横をiさんがバビューン。
((((;゚Д゚)))))))
避けてくれて良かったです。


というワケで、残念ながら総合2位でした。


「7リットルで充分でしょ!」
「何事も無ければ、ジャストですね…。」
給油の時に交わした会話がこだまします。
起こり得ることは起きる。保険は大事です。


ま、コレもレース!
連戦を無事故で終える事が出来ただけでも大満足。
どうなる事かと不安を抱えて臨んだこの週末でしたが、
実に充実した週末となりました。
お付き合い下さった皆さん、クルーの皆さん、ホントに有難う御座いました!

ーーー

少々記憶違いもありますが、大体こんな感じでした。

 




f:id:Cult99:20170622110425j:image

 iさんと

 

f:id:Cult99:20170704154250j:plain

 楽しく

 

f:id:Cult99:20170704154302j:plain

 レースごっこ。

 

f:id:Cult99:20170704154349j:plain
これは100R立ち上がり。

こんなに寝てるとは思いませんでした。
肘出せば擦れそうですね。

 

f:id:Cult99:20170704160413j:plain

これはたぶん1コーナー。

 

f:id:Cult99:20170704160454j:plain

今回はプロの発表会写真を2枚買いました。

 

 

はい、動画もありますよー。

 


20170618 FSW S MAX決勝フロント

 


20170618 FSW S MAX決勝

 

 

・・・と!

 

 

今回の俺天才で賞!

youtu.be

from監視カメラ。

先頭集団に居ればずっと映れるで賞!

 

素人が、車載以外で自分の一周の走りが見られる機会なんて有りません。

この為に来年も出ようかなw

これに加え、ドローンに自動追尾撮影もさせてみよう。(嘘)

 

 f:id:Cult99:20170704191539j:image

 クラス全員ポディウム(恥)

 

レースベストの47秒を刻んだiさんは国際だからと賞典外。

暫定表彰にも立たせて貰えなかった。

別に、現役バリバリの全日本でも無いのに、残念。

負けたクセにてっぺんに立たされるのは逆に情けないものです。

 

 

 

今日の○と×

 

連日の2連戦、完走無転倒。

土日とも友達が駆けつけてくれた。

 

×

f:id:Cult99:20170704200834j:image

決勝タイムは48.2秒。

エイシンの親分は予選で44フラのレコードを叩き出してました。流石です。

 

マシンに強い不満は有りませんから、練習の段階からアベレージタイムの底上げが必要です。

来年への課題という事で。

ガス欠も良い勉強になりました。

 


次は9月の筑波TT最終戦です。
暫くバイクの事は忘れてゆっくりしますね。