Cult99’s diary

Cult Racing log book

世知辛い話しですが

FSWでバイクのレースに出るには、年に一度のチャンスしかない。
MCFAJが主催するレースです。

これ、出るまでのハードルの高さ、主に金銭面で、参加者が既に篩に掛けられます。

 

最低限のリソースで参加できるやり方で、以下。

ーーー

クラブ単位での活動が難しい方のために、ライダー1名+ピットマン1名=2名でのクラブ活動を支援するBRC制度をご用意しております。
●ロードレースライダー1名+ピットマン1名で登録できます。※RRライダー2名のみではRR.BRC登録できません。
●費用(年間)
 ロードレースBRC入会金¥5,000(クラブ登録料と同じ扱い)
RRライダー……個人登録料¥9,000+見舞金制度加入料¥6,000=¥15,000
RRピットマン…個人登録料¥7,000+見舞金制度加入料¥2,000=¥ 9,000
<RR.BRC登録料金>
ライダー1名+ピットクルー1名=¥29,000
ーーー

参加資格を得るまでに、29,000円。これに、FSWエントリーフィーの31,000円。

合計60,000円・・・!

 

一応、毎戦都度登録もできるようです。

ーーー

※非会員の方はワンデーライセンス料¥10,000/ワンデーPITクルー¥2,000を追加してエントリー可能

ーーー

こちらのやり方であれば

FSWエントリーフィーの31,000円+一戦限定ライセンス12,000円。

43,000円

 

ボクはMAX10というレギュレーションのレースに参加するつもりですが、

こちらだとエントリーフィーが34,500円+年間ライセンス12,000円で、

46,500円となります。

 

片や、TKBのTTや選手権は、登録も何もなく、出場費用のみ。

TTは20,600円。選手権は16,800円・・・!

勿論、コースレンタルの料金も雲泥の差ですし、主催者の出自も違います。

単純比較できるものではありません。

 

f:id:Cult99:20170512113814p:plain

ただ、一個人の趣味のコストとしては同列です。
FSW一戦に出なければ、筑波に3戦出られる訳で。。。

 

エントラントの皆さんは、其々にこのハードルを乗り越えてFSWに集まる兵なわけです。

それだけで、選ばれし戦士として称賛されるべきですね。


そして、そろそろ潮時かなあと、毎年思うわけです・・・。


はい。今年もエントリーします・・・。
毎年梅雨時の開催ですが、レインタイヤは用意しません・・・。