Cult99’s diary

Cult Racing log book

リフレッシュ休暇

先日ホイルを業界最軽量にアップグレードしたビー子。

プロポーションがどうも腰高に感じられるようになってしまい、再度沼津でスタイルアップを行うことになり、春休みを頂いてます。

 

今回の内容。
ショックはノーマルのまま。

バネを交換します。

乗り味自体に不満はありませんでした。不満どころか、Volk racingの最軽量ホイールは抜群な路面追従性を見せてくれ、ネコ脚を思わせる乗り心地を提供してくれました。

なので、目的は完全に見た目です。

 

cult-racing.hatenablog.com

まるで、ジャッキアップしたかのようで・・・。

 

ローダウンバネを幾つか調べたところ評判良かったこちらに。

 

SPORT-SERVICE RS★R / モータースポーツ

Ti2000。ヘタリ永久補償。

永久なんて、どう考えても景表法違反の掲示ですよね。金属なのに。

ヘタったとクレームが入ったこと無いのか?

直ぐ交換対応しているのか?


楽しみですね。

 

ファクトリーに車両とバネを預けていたところ、写真が届きました。


f:id:Cult99:20170314153046j:image

 外したショックとバネ。黒同士なので、見た目に違いは見られません。
ちょっと寂しいですね。

 


f:id:Cult99:20170314153054j:image

 うわ。
バンプラバーが腐ってました。。

ゴムって腐るんですね。

四半世紀前のクルマであることを改めて認識させられます。

シャフトに傷などはなさそうですし、ショック自体のヘタリは感じられませんでした。

(ショックがヘタったら、これは複筒式なのでNeo Tuneが施工可能です!実はこれも楽しみ!)


この子、距離はたった8000キロと、ごく穏やかに年月を重ねてきた車体ですが、
流石に日本の湿度には耐えられなかったのでしょうか。

やはり前オーナーは室外屋根付き保管だったのだと思われます。
ボディの錆は大丈夫かな。

よく、フロアがグズグズに錆びて穴が開いたオープンカーのグロ写真を見ますが。。心配ですね。

我が家に来てからは下回り防錆塗装の上室内保管ですが、いつか落ち着いたらバラして全塗装でしょうね~。

バネ交換に加え、幾つかのカスタムプランも平行してお願いしています。
まだ決めてないパーツもあるので、ボク待ちなのですが。。

4月、桜のころには乗れると思います。

 

 

 

広告を非表示にする