Cult99’s diary

Cult Racing log book

スーパーカー

ビートの記事が殆ど更新されません。ダメですね。
冬こそオープン乗りのベストシーズン。

 

一年はノーマルで乗ると決めてましたが、距離的には乗ってないも同然でしたね。

年始にホイルも換えて、ブレーキパッドとローター、メッシュホースのセットを入れて。

ブレーキ、無茶苦茶ダイレクトなタッチになりました。


マスターシリンダーをノーマルからブレンボのラジアルにしたくらいの変容。
あ、バイクに例えるとね。

 

まだ行きますよー。


www.honda.co.jp

こちらビート誕生から20年を記念して数量限定で発売されたビート専用オプションの数々です。

素晴らしいです。「もっと長く、大切にビートを愛してもらうために」って、

買い換えて貰わないと商売にならないメーカーのコメントとは思えません。

それはもう5年も前ですが、ボクが車体を手に入れたときには既に大半が売り切れ、市場在庫も少量でした。

慌ててネットオークションに横流しされてたカーステレオ、スカイサウンドシステム、ガソリンリッドを新品で確保しました。

 

余談ですがサスキットも出てました

どアンダー志向のノーマルを、ミッドシップらしさを感じられるセットへと大幅に変更したものらしく、購入できたユーザーの評判もとても良いようです。

これは残念ながら確保できませんでしたが。

 

車両購入後、暫くは昔懐かしの純正カセットデッキを使ってましたが、肝心のテープが自宅には見当たらず。

やむなくカーラジオとしてのみ使ってました。

 

で。

経年劣化で音の出なくなったスピーカーにいよいよ我慢できなくなり、社外品へ交換したのが昨年。

同時に確保していた新しいデッキに交換しました。

これには、USB入力端子があり、スマホやメモリーから音楽ファイルを読み出して再生出来るのです。

 


f:id:Cult99:20170220005201j:image

 端子はグローブボックスに。あ、車検時にETCも、つけましたよ!\(^_^)/

 

で。

ボクが普段使ってるスマホAndroidなのですが、なんと対応しておらず…。

Bluetoothは無いので、結局カーラジオデッキとしてしか使えませんでした。

 

まあ、ラジオっ子なので、全く構わなかったのですが。

ですがやはり、スマホコントロールパネルとして機能する為の全面LEDディスプレイ。

これを使ってみたくなりました。

 

説明書を読むと、iPhoneiPodにしか対応しておらず、しかも9000円ほどもする別売り接続端子を買わねばコントローラーとしては使えない。

なーんだ。ダメじゃん。

 

暫く放置してました。

 

ですが最近iPhoneとの2台持ちになりまして。

端子買うかー。中古ないかなー?なんてネットみてたらですね。先達ユーザーのblogみつけて。

 

なに?充電ケーブルで繋げば良いと?

 


f:id:Cult99:20170220005215j:image

 繋がりました。

操作はデッキからは出来ませんが、表示はされます。

 

すげぇ!ハイテク!

これ、旧車ですよ?

 

デッキのデザインは旧い純正のそれを踏襲してるので全く違和感なく収まっているのに、此処だけ現代!\(^_^)/

 


f:id:Cult99:20170220005242j:image

操作はスマホでやりゃ良くて。

 

実は、普段スマホで音楽聞くことないから定額制のストリーミングもどうかって話だし、かといって手元のCDを取り込んでからiTunesで聞くとかも、今更面倒でどうしようかと思ってたのですが。

これを契機にインストールしました。

Spotify

超便利。

無料とか、凄い。

時折広告が流れるとかシャッフルしか出来ないとか制限はありますが、元々ラジオっ子なもので。

 

好きな音楽をそれなりの音質で楽しみながらオープンエアーライディング。

 

勿論ラジオにも捨てがたい魅力があります。

唐突な箱根ツーリングに誘われた時のように。

 

cult-racing.hatenablog.com

 ですが詰まらないDJトークが続くと流石にねぇ。

 

これで一層この子に乗る機会が増えるかもしれません。

週に一度とは言いませんが、月に数回は乗りたいものです。

年間1000キロ程度ではあまりに寂しいですから。

今回のカスタム費用:0円。