Cult99’s diary

Cult Racing log book

ぺヤング やきそば ギリチョコレート

明星のクリスマス限定商材には不買運動で意思を示した私ですが。

 

f:id:Cult99:20170215045925j:image

 このところ好印象のまるかさん。しかも、2匹目のドジョウを狙うからには、自信作なのではないか?

ひそかに楽しみにしておりました。
なので、これは賞味期限ルールを逸脱し、この日に実食。

まあ、本気で期待はしてませんよ。美味いわけがないです。ですが、やきそばの神様、セントヤキソバが、奇跡を起こすかも?


f:id:Cult99:20170215045931j:image

 ソースを掛けました。写真では、いつものソースですね。

ですが、ソースのみ舐めてみたところ。。

チョコレート。
ただの、チョコレート。然程甘くはないですが、まごうかたなきチョコレートソースです。

ホントに食べねばならないのか?

いや、もしかすると、チョコに対して麺がスポンジのような立場を演じ、

つまり、チョコレートロールケーキのような味覚として完成するのではないか?

 

ほら、プリンに醤油掛けたら雲丹的な。

f:id:Cult99:20170215045938j:image

混ぜてみた。

次第に、麺が固まってボール状になっていくw

チョコソースが冷えて硬化を始めたのか。

ここまで食欲の湧かない焼きそばは初めてだ。


恐る恐る一口目。

 

「・・・あれ?」

いけるかもしれない。口に入れる直前の甘い香りに惑わされ、チョコレートケーキ誤認効果が発生するかもしれない!

おお!神よ!!!

 

そして二口目。

・・・!
ダメだ。

匂いに慣れた味蕾は、正確な味覚を取り戻してしまい。
一瞬の奇跡は、幻だったのか。

 

苦しい。けど、頑張って食べる。

焼きそばの神様は、あれ以来何も語ってくれません。

救いの手を差し伸べず、そこで微笑んでいるだけ。

やきそばを残したことが無いボクにとって、これほどの苦行はありません。

これがカップ焼きそばが「宗教」と言われる所以なのか。


ケミカルまみれの食材。これぞ幸福の化学。そうか、これを乗り越えれば現世をすてて出家出来るのか?

いや、コレは現世の映し鏡。コレを乗り越えられぬから神にすがり出家するのか?


朦朧としてあらぬことに思いをはせ始めた時。胃からこみ上げてくるものが。。

道程の1/3を過ぎたところで、遂に力尽きました。


これは、間違いなく踏み絵です。

「転んで」しまいました。

神は最後まで沈黙したままでした。