Cult99’s diary

Cult Racing log book

クリスマスの妄想その1

TFD-AC02です。

ずっと前から、ネイキッド化を夢想してました。
たまにはバイクの話を。
TFD-AC02です。

 

916ルックも悪くないのですがね、どうもね。

タンブリーニですからカラーリングをちゃんとすれば、かっこいいと思うのですよ。

ですがどうにもニセモノ感が払拭できなくて。
個人的な志向なので、こればかりはどうしようもないです。

中身だけじゃなく、見た目も世界にたった一台にしたくて。

 

筑波専用機なら空気抵抗も左程気に成らないだろうし、非力な車体には寧ろマスの集中と軽量化の恩恵のほうが大きいのではないか。

と、ロジカルにも考えました。

ここ暫く、幾多の参考資料と妄想スケッチを作ってました。

漸く、理想と現実のバランスを取ったローコストな落としどころに着地しましました。
必要な外装社外パーツも届きました。

 

イメージはこれです。

 

f:id:Cult99:20161225204508j:image

「VTRかよwww」

とかいうなよ。

 

要は、アッパー、サイド、アンダーカウルを取っ払い、エンジン直付けのオイルトレイつけて、シートカウルは小ぶりなものに替える。だけです。
余裕があれば、サイレンサーのシングル化も考えたい。


と言っても、自分じゃ何もできません。
シートフレームの加工、ゼッケンステーなどの作り物も必要です。
エアインテークダクトの固定も難題です。


そこで、前回の走行で我慢できなくなったスロットルと、素性の分からない中古サスOHによる「初期化」の相談ついでに、
畏れ多くも巨匠に相談してみました。

 

「俺の仕事じゃねえとお怒りになるかもしれませんがっ!」

正座したまま言ってみた。

 

うーん、と実は結構大変な作業であることや懸念点をいくつも上げられたあと、

「まあ、俺の仕事じゃないですねw」

 

…(笑)

 

それにもめげず。

マフラーの取り回しやサイレンサーの位置、加工、適正なエキパイの直径やサイレンサーの容量なども聞いてみた。

 

色々付き合って応えて下さったが、最後には

「解らないなあ。正直興味ないんですよw」

 

ほら!だからやめとけって言っただろ!!うすらバカ!

とぼとぼ帰路につきました。

ということで、ネイキッド化は来来来世くらいには、実現することになりそうです。

其の1おしまい。