Cult99’s diary

Cult Racing log book

シェイクダウン

Dのこと。

 

思いの外、感慨が薄い気もするんですよね。何故だろう。
見た目かなあ。


あこがれ続けたビカビカの新車を購入したわけでも、青春を共に過ごしたモデルでも無いからかなあ。


最近だと、KTMは新車で買った。
このマシンへの繋ぎの心算であったし、直ぐ売ろうかと思っていた。
外車としては(これまでの車両と比較すると)値段も安かったし、「遂に手に入れた!」感には乏しかった。

あちこち、フォトジェニックなロケーションに連れてって撮影会、とか無かったし。
いきなりFSWのカートコースで慣らしに行ったのだっけ?

まあ、レーサーだし。
そんな感じでした。


「あがりバイクプロジェクト」として立案した当企画が、いよいよ現実のものとなった今。
何故か、KTM同様に、極めて冷静な気分なのです。


いや、静かに興奮しているのかな。
TFD謹製の、オリジナルレーサー。
でも、最新の高級パーツなどはどこにも使われていない。

「アリもの」や「ヤフオク」の中古パーツを中心に組まれた、見る人に拠っては、やれたボロバイクかもしれない。

 

あれかもね。

高いおもちゃ買った時の驚喜って、その後いつしか目新しさも消え、陳腐化し、飽きて手放す事が宿命だからこその、刹那な喜びがコアにあるのかも。

それとは大きく違うんだ。
なんか、結構重たいんだ。このバイク。

存在というか、手元に置くと言う事が。

産まれた瞬間から劣化していくことが宿命の「モノ」じゃないと言うか、人との関係性とか情念とか色々なものと向き合いながら、育てていかねばならないというか。

バイクって、好きモノにとっては多かれ少なかれそういう側面が有るのだろうけど。

この子の場合、マスプロダクションバイクじゃない以上、輪を掛けて、背負う情念みたいなものがとてつもなく重く感じてしまいます。
そして、それから簡単には逃げるわけにはいかないというか。

新車買って直ぐ売っちゃう人って居るじゃないですか。
少し気に入らなかったりすると「自分には合わない」って。
そういうわけにはいかねーぞ。と。

ワクワクと身が引き締まる思いとの表裏といいましょうか。ふふふのふ。



f:id:Cult99:20160929190726j:image

 こちらの参考タイム。
巨匠自ら、試走して下さいました@筑波。
ボクは立ち会えませんでしたが、軽く10周走ってこれくらい、とのこと。
「こんなもんかなあ」のベースセットだそうです。
先ずは目標タイム。

あ、メーターはHYM純正の軽量コンパクトな(安)モノ。
カワイイでしょ。

いつの日かかっちょいいフルカラー有機ELガーディスプレイにかえちゃる。

先は長い。還暦のお祝いかな。


産まれたときの体重は前81kg後82kgの163kg(走行可能状態)。

Good Balance!
期待していたほど軽くないですけど。KTM+50kg。
空冷のエンジンはフィンが有るから重いのです。って、云われて初めて気付いたww
そもそも、フルカウルのリッターSSですしね。


ココから削るには、ボルトを軽合金に交換したり樹脂パーツを炭素繊維に交換したり余分な金属の肉抜いたりなんだりの、
コストとリスクが二次曲線で高まる施策を取らざるを得ません。

なので、暫くこのまま行きます。
パーツはドノーマル。エンジンも、中古のドノーマル。
先ずはこいつを手懐けることを楽しみましょう。

今期中にKTMのベスト、4秒5を越える。
MAX4のS1000RR軍団に勝ちます。

 

明日、ライダーに依るテストです。

 

f:id:Cult99:20160930132148j:plain

バックアップにKTMも積んでみた。初の二台積み。行けます!!
ちょっとした知恵の輪は必要でしたが、順番さえ考えれば比較的余裕が有ります。
タイヤチョックを付ければもっと簡便になるな。


そうそう、アガリバイクの車名は「何でもいいんじゃないですか」とのことでした。

TFD-AC02

当面こちらで行きます。