Cult99’s diary

Cult Racing log book

4:FSW鬼の練習走行6/18

18日快晴。

気温は30度越えたか。

 

前日走行は、そもそも走る予定はありませんでした。
MCの前日枠は様々な車種の混走となり、普段走っていない人も押し寄せることでリスクが有るからです。なので、練習にはならないと思ってました。

以前、フジッコの友人も他車と絡んでコケタし。

ですが、前回の練習が練習にならなかったので。。。

 

f:id:Cult99:20160627142432j:image

SさんとHさんが「あたりまえでしょ。走れ。」と仰るので。

11時からの枠でしたが、ボクのために8時集合で来てくださいました。
ここだけワークス体制ですよ。
 
カルトレーシング・ワークスチームです。

f:id:Cult99:20160627142457j:image
見よ!このホスピタリティエリアを!
当社比過去最高のクオリティ。
 
一本目。
Newタイヤで10kgバネで走ります。
前回はリアのトラクションの無さに辟易としましたが、今回は住友の新品スリック。
印象が変わる可能性が有ります。
これで行けるなら良いのですが。。
 
 

f:id:Cult99:20160627231453j:image
ダメでした。
 
枠自体は、そういえば今はレーサーとノーマルで速度やタイムの目安によるクラス分けが有るため、
懸念したカオスはありませんでした。
有り難い。
 
 
ですが、フレッシュタイヤにも関わらずリアが食いません。
100R立ちからズリ。
300R全開区間に入るはや否や、リアが横向きそうになります。
いままでで初めての体験です。
ビビりながらも「くぅぉーーーっ!」って歯を喰いしばって250キロで開けて行く300Rで、リアが流れおつりでフロントも流れる。
すげえ怖い。
 何とか50病は免れましたが。

がっくりです。
セット変更の狙いは、
沈み過ぎるリアを高い位置から使いきるため、
イニシャルを抜いて動かす。
二次旋回で開けながら気持ちよく曲がって行けるように、ケツ下がりだった車勢の適正化。
だったのですが。
ボクには使いきれないようです。
 
地獄のライダーHさんは「一段上を目指すなら、10kgだ」との決断を突き付けます。
「スミマセン。目指しません。」
ボクちゃん即答。
 
鬼のメカSさんは、甘口、中辛、辛口のどれが良いかと尋ねます。
 
ボクちゃん即答。「甘口でお願いします」
「はい。バネ戻しましょう。」
 
なんだか、「だからお前はその程度の男なんだ」とお二人に見離された気がしますが・・・。
 
次の13時過ぎの枠までに、ピットではサスのバラシが始まります。
すげえ!

f:id:Cult99:20160627142607j:image
ボクは眺めるだけ。手際良くバラされて行きます。
 
f:id:Cult99:20160627142542j:image
「大人のレースごっこ」とはいえ、
やることは選手権並みですね。これが「大人の」が付く所以か。今までは子供のゴッコか。

現地にバネを数種類持っていくとか、ボクのホビーレース人生において想像だにしませんでした。
 
 
2本目。
リアの動き、タイヤの接地感、戻ってきました。
リアのスライドは若干アリですが、これは50度を越えた路面温度かもしれません。
291のN川さんも滑ると仰ってたし。
 
登り区間は随分マシになってきた。
リアの車高を上げる方向は合ってそうです。
ですがどうもしっくりこない。慣れの問題か?
 
今日は3本とも30分枠なので、ピットインを繰り返してSさんに感想を伝えます。
が、走っているとき感じたことを結構忘れているもんで。
インラップで頭の整理をせねばですね。
この辺りのプロセスも初めてなもんでなかなか。 


f:id:Cult99:20160627231624j:image

途中ピットインまでのリザルト。
行ってバネを戻して車高あげて…減衰を…どうでしたっけ?

f:id:Cult99:20160627231651j:image
たしか、曲らないとのコメントに、フロントのイニシャルを掛けたんだっけ?
リアはどうしてた?余計おかしくなった。

人任せはダメですね。引き出しに何も入らない。反省。
レーサーじゃないのだから、自分で理解しながらセット変更しないと、再現性がいつまでたっても伴わない。

最後はこれでも結構頑張りました。でもタイムはイマイチ。
懸案のバネは、10kgへの不安感もアリ、元通りこれで行くことに決定。
 
まあ、疲れ残しても何なんであがろっかなーと思ったら、
「3本目は何時からですか?」
鬼のメカニックからの鬼発言。
 
走りました。キツイです。
更に車高を上げ方向。減衰もあれこれやりましたが詳しい最終データは分かりません。
さらにリアのTTXに不具合あるかも疑惑発生。
仕方ないです。レースが終わったらOHしましょう。
 
レースを意識して、でもタイヤの垂れも意識して周回を重ねます。
いままでで一番のフィーリングです。
追い込めばもっと行けそうですが、前日にアレしてもアレなので、15分で終了。

「良くなりました!サムアップ!」
 
f:id:Cult99:20160627231802j:image
タイムは平凡でしたが、今までで一番楽に走れたのは確か
然程無理せず50病で安定したリズムを刻むことが出来ました。
まあ、今から下手なこと言ってこれ以上走らされたくないしね。
 
PITに搬入を終え、タイヤ交換やオイル交換。
翌日車検の準備も済ませます。
Fブレーキのエア咬みも無さそうですが、Sさんが予備手当を施してくれました。
知識豊富です。
 
ボクは一時帰宅。
決勝に、チーフクルーも来ると言いだしたもので、ピックアップに戻ります。
 
クルーたちはパドック車中泊です・・・!
 
f:id:Cult99:20160627142654j:image
 御殿場から高速に乗る前、ホームセンターでチーフの折りたたみ椅子を買おうと246を走っていると、
眠気というか、全身がだるく、あくびが出ます。
手足がしびれてきました。やばい。このままだとブラックアウト。
低血糖、貧血の症状です。
 
今日はゼリーやドリンクのケミカル以外、何も食べて無かった・・・。
本気で倒れそうになりながら、生協の見切り品の助六や団子を購入。
一気に視界が開けました。

いやあ危なかった。
なんとか高速を降りて環8まで辿りつきましたが、今度は右足が攣ってブレーキが踏めないwww
止む無く左足ブレーキを駆使しながら帰宅しました。
 
今日の○と×
 
○レースごっこプロセスに新たな境地を得たこと。サポートして頂く鬼が出来たこと。
×ホビーライダーはセッティングは人任せじゃだめだ。
×××バイクに乗る時は糖分取らないと死ぬ。

f:id:Cult99:20160627142708j:image
フジザップで倒れるまで追い込んだ結果、史上最低ウエイトを刻みました。
昨年比9キロ弱のウエイトダウンです。
そりゃ倒れるわ。

ていうか、バネもっと柔らかくした方がいいのかも。
 
広告を非表示にする